交際を続けるべきか迷う

交際中に「このまま進んでいいのか?」と疑問になることもあるかと思います。
そんな時、あなたならどうしますか?

結婚相談所での交際の種類

お見合いを終えて、お互いに「また会っても良い」となれば「交際」という形になります。
まずはこの状態を「仮交際」と呼び、
その後、交際を続けてお相手だけと交際を進める状態を本交際と呼んでいます。

この2つの違いは、仮交際では、他の方からのお見合い申込も受けることが出来ますし、
逆にこちらから申し込むことも出来ます。

一方、本交際では、他の方から申し込みも受け付けませんし、
ご自身から申し込むことも出来ません。
更に「交際マーク」をつけて、詳細なプロフィールを公開しないようにします。

ですが、当相談所では「仮」「本」という言葉に違和感を持っています。
ご自身のお気持ちに「仮」も「本」もありませんよね?
純粋に「交際」という言葉で統一しています。

ただ、他の方からの申し込みはもう不要となったら、
「交際マーク」を付けて、もう既に真剣にお付き合いしている人がいるということを
システム上で明示します。

3か月ルール

いずれにしても、交際の期間については3ヵ月ルールというものがあります。
これは交際となったら3ヵ月を目処に、
今お付き合いしているお相手と結婚するのかどうかの判断をするというものです。
これは「仮交際」「本交際」関係ありません。

これは女性を守るためのルールであり、このルールがあるから「結婚」というゴールがお互いに明確になります。
ずるずる時間だけが過ぎることを防ぐルールになります。
この3ヵ月という短期間だからこそ、その期間にお互いに多くの時間を作り会うことが重要です。

迷ったらもう1回会う

その交際中に「この人と前に進んでいいのか」不安になるタイミングもあると思います。
当然です。今後の人生を左右する重要な時期です。

結論から申し上げると、「迷ったら、もう1度会って、正直に話してみる」です。
会員様からよくご相談頂きます。私自身も同じ思いを経験しています。
経験談から言えば、正直に話をしてお互いに納得出来なければ前には進むべきではありません。
お断りすることも勇気です。

一方で、相手に正直に話すだけで気分がスッキリして、前に進んでいくかたも多くいます。
まずは、会うこと。そして、思いを正直に話すこと。これにつきます。
これで判断するように会員様にはアドバイスしております。

自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも大事

自分の気持ちと同様に相手の気持ちも重要ですね。
相手の気持ちを読み取ることは出来ません。
まして、直接お会いして話したことがほとんどないカウンセラーとしては、
お相手の気持ちを推し量るのは至難の業です。

お相手の気持ちは、電話、メールのやりとり、デートの会話から推察することもできます。
気遣いのある言葉があったり、デートに誘って喜んでOKしてくれたり、、、
相手からお誘いがあったり、、、などの場合は相手が好意を持ってくれていると考えていいかもしれません。

相手の気持ちも観察しながら、交際を進めるかの判断も重要です。

また、常に出来るわけではありませんが、お相手相談所と連絡を取り、
お相手の気持ちをぼんやり掴むことも出来るかもしれません。
迷っている時には、お相手も同様に迷っているかもしれません。
是非カウンセラーにご相談ください。


仲人型の結婚相談所マリッジNAVIとびらでは、
会員様がしっかり婚活ができるよう、
お相手探しから成婚(プロポーズ)まで真心で全力でサポートさせて頂きます。
試しに1年間でも期間を決めて「1年婚活」やってみませんか。
まずは無料説明でシステム・サポートの説明をさせて頂きます。
ぜひご連絡ください。

====================================================
福岡・北九州の結婚相談所マリッジNAVIとびら
 新しいとびらを開いて、新しい光をあびる、そんなお手伝いをさせて頂きます、
 仲人型結婚相談所です。
 活動エリア:福岡県内(主に福岡市~北九州市、筑豊地区)、山口(下関市)
https://marrigenavitobira.jp/

====================================================

まずはシステム・サポート説明(無料)から。

マリッジNAVIとびらブログ一覧へ戻る

マリッジNAVIとびらのトップページへ戻る